企業情報

イベント・その他

2014年 ジェットスポーツ全日本選手権シリーズ

全日本ジェットスポーツ第1戦(大阪)結果

4月19&20日、大阪二色の浜公園海浜緑地にて2014ジェットスポーツ全日本選手権シリーズ第1戦が行われました。
HKSチームは、今シーズンより新たに倉橋選手が加わりエース砂盃選手と共に2艇体制で臨みました。

19日のグリッド予選は、抽選により2艇共にアウト側グリッドでスタート。

アウト側ホールショットは倉橋選手、砂盃選手はやや出遅れて3番手。

イン側グリッドホールショットのマリンメカニックチーム生駒選手に合流地点で前に出られオーバーテイクするチャンスを伺っていたものの周回数が2周減算となり倉橋選手2位、砂盃選手3位で終了。

20日の決勝は、スタート仕切り直し後イン側2番グリッドの倉橋選手とアウト側1番グリッドの砂盃選手がそれぞれホールショットを決め、合流地点でわずかに前に出た倉橋選手が砂盃選手と共にHKSワンツー体制のまま他の選手を寄せ付けないスピードで周回しゴールしました。

今年加入の倉橋選手はプロランナバウトクラスデビューウイン、HKSチーム1位&2位フィニッシュと最高の形で幸先良いスタートを切ることができました。

次戦もご声援のほどよろしくおねがいいたします。

 

戻る

このページのトップへ